長島 有里枝

家庭について/about home

2016年03月16日(水) - 2016年04月23日(土)

installation view of "about home"
installation view of "about home"
Kettle on stove, 2015

この度、東京・神宮前にMAHO KUBOTA GALLERYを開設することとなりました。
地下鉄外苑前の駅からほど近い、文化・流行の発信地である外苑西通りと歴史ある古道・勢揃坂の間の静かな一角にあり、付近は2020年の東京オリンピックに向けて大きく変化しつつある神宮外苑の空の広がりを感じさせる環境でもあります。

ギャラリーは長島有里枝の新作展「家庭について/about home」でスタートいたします。

1993年のアーティストデビュー以来一貫して家族をテーマに創作に取り組んできた長島の新境地を開く展覧会となる本展は、アーティストが母親と共作した作品と大小の写真群が空間を構成するインスタレーションの展開となる予定です。

2010年に発表した写真集「SWISS」の制作過程で、祖母の残した大量の花の写真にインスパイアされた長島は、名もなき表現者であった祖母の創作の情熱の秘密をさらに探求していきます。その探求は「家庭」という誰にとっても明らかなようで実は大変に曖昧である概念、「家庭」と紐付けて語られることの多かった女性にとっての創作、そして創作におけるプロフェッショナルとアマチュアを分かつ境界線といった問題にアーティストのまなざしを向けさせていくこととなります。長島の問いかけにより、私たちは普段当たり前だと感じ受けとめている社会通念のようなものが、実際には大きな矛盾や葛藤をかかえ、不完全なままに社会を支配してきたことに気づかされます。「わけのわからないもの」にカメラのレンズを向けることで主題に対峙し、自らの創造言語を用いて表現し続けてきたアーティスト長島有里枝。静かな創作の戦いの記録の中で獲得した、ストレートで力強い表現空間が出現します。