現在の展示

そのことの相対性

宮崎啓太

2022年4月19日(火) - 5月28日(土)

MAHO KUBOTA GALLERYでは4月19日より、ロンドンと東京郊外の2拠点で制作し、国際的に作品を発表している宮崎啓太の個展「そのことの相対性」を開催いたします。

ロンドンと東京。二つの大都市圏に制作拠点を構え制作する宮崎啓太の彫刻は、古い自動車の排気系部品を組み上げた構造体に紙やフェルトなどの柔らかい素材を組み合わせて構成されています。作品を前にした時まず目を奪われるのは作品の骨組みとなる自動車部品の流麗な重厚感です。スクラップとなった自動車のパーツを主素材とした彫刻作品といえば、すでに1950年代から60年代にかけセザールやチェンバレンが提示した表現に代表されるようにことさら新しいものではありません。既製の大量生産品をアートとして提示するレディメイドというアプローチを別として宮崎の作品にこの二人のアーティストの影響を見つけることが難しい一方で、宮崎の作品はセザールらとほぼ同世代のイギリスの現代彫刻を代表するアンソニー・カロ、そしてその後の世代であるリチャード・ディーコンと明らかな接続を見せています。

カロ以降のイギリスの抽象彫刻は重量やボリュームのある金属や木材を用いながら、オブジェクトとしての彫刻の宿命的な静的状態をすり抜けるように流麗に解放する詩的言語を特徴としています。そこには英語でいうところの”playful”、すなわち遊び戯れるように要素を組み合わせて展開する自由さがあり、即興の音楽にも似たポエティックな彫刻的リズムが生み出されています。ロンドンのRoyal College of Artの修士課程で彫刻を学んだ宮崎の表現の根底には、無用の廃棄物の中に「美」を発見し、それらを自らのルールによって組み上げることによって生み出されてゆく豊かな彫刻的ナラティブが感じられ、その豊かさの源は革新的なイギリス現代彫刻の先人たちの数々の実践の果実にあります。宮崎はそのギフトを確かに受け取り、自らの閃きとオブジェクトを創る手の感覚を重ね合わせさらなる実践を繰り返してゆきました。

かくして宮崎の作品は日本の現在の彫刻に見られるいかなる傾向ともかけ離れたところで成熟し発展してゆくこととなりました。古い自動車パーツのもつ美しさ。それを組み上げることにより生まれるムーブメント。空気抵抗を少なくし、コンパクトに必要なものだけを結集させた資本主義の形には効率性の美があり、それらが宮崎がゼロから作りあげる造形、すなわちフェルトや紙による柔らかでカラフルな造形要素を纏う時、一旦は用途を失い廃棄された工業製品の部品に生命の息吹が宿ります。かつて排気パーツを巡っていたエネルギーは今や人の手による造形によって視覚化される音楽を奏で始めます。その彫刻の成り立ちに、大量消費への批判や、失われつつある既存の自動車という概念を批評的に重ね合わせることは可能でしょう。しかし先述したようにセザールやチェンバレンらの作品と異なる立ち位置で宮崎自身が作り上げたハイブリッドな彫刻的言語を前にして、過去の議論を繰り返すことをここではしません。ただひたすらに動的であることを目指すのみの、時代と共振する生命体のようなオブジェクトがそこにあります。

「そのことの相対性」と題された今回の個展では、ギャラリーの壁を覆うタブロー的な広がりを見せる大作と、カラフルな造形要素を組み合わせた自立式の作品、ならびに小品2点の4点の新作が展示される予定です。いずれも宮崎の作品の特徴である古い自動車の部品に紙やフェルトの造形物を組み合わせて展開される重厚感と優雅さが共存する作品となっております。

_________________________

本展に寄せたキュレーター・中野仁詞氏のテキスト

〈宮崎啓太 花の咲く精霊の庭〉     

エンジンの燃焼によって起きた爆発音を吸音する役目を担っている自動車のマフラー。宮崎啓太は、作品にこのマフラーを取り入れることが多々ある。
 宮崎は東京芸術大学では工芸学科で鋳金を学び、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでは彫刻を学んでいるが、その中で彼は、造形よりもマテリアルそのものと向き合う鋳金と、マテリアルを選び造形する現代美術という双方を研究している。経歴でもわかるように、宮崎は鋳金という、型を元にして金属で新しい造形を生み出す手法を手にしているのにもかかわらず、現在では自動車のマフラーというあらかじめ造形が決まっている金属体を元に作品を生み出している。鋳金作業の中で金属に日々触れるうちに、金属造形としてのマフラーの多様さと、その造形を組み合わせて新しい造形を作ることへの魅力を宮崎は見つけ出したようだ。量産品ながら工芸的要素を孕んだ造形であるマフラーを彫刻作品として昇華させるところが、宮崎作品の独特の魅力の源泉だ。
 黄、赤、緑をはじめとした色とりどりの紙によって造形されるペーパークラフトの花と、金属のマフラーとが合わさった造形を観れば、それが宮崎の作品だと認識する人は多かろう。宮崎の作品からは、広大な砂漠の中に咲くサボテンの花、あるいは深い海の底でじっと静かに暮らしている珊瑚のように、誰からも見られることのないにも関わらずその身体に極彩色を宿している生命体のような美しさと力強さが感じられる。
 宮崎がスクラップ店や中古部品商で購入し、作品に昇華されるマフラー。ところどころ汚れや傷跡が見て取れるこれらのパーツを作品として見る際、生命体の力強さを備えた花が添えられているせいか、マフラーにもまた目に見えぬ何者か、あるいは精霊が宿っているように感じられる。宮崎啓太の作品は、精霊たちが住まい、無心に遊ぶ、花の咲く庭なのだ。