多田 圭佑

trace / wood #46

  • ¥682,000-(税込)
    • 2017
    • H.120.2×W.90.8×D.5cm
      木製パネル 綿布 アクリル絵具 ウレタン塗料

      メタ視点から製作されるペインティングが、まさに現在の世界の構造を暗喩する多田圭佑の問題作《Trace/Wood》シリーズ。思いつきで床板を剝がして絵の具を散らし壁にかけただけ、と一瞥してしまいそうな作品の構成要素の中に実際の木板はない。床板に見える表面も釘も、すべて絵画の純粋な素材である絵の具で模造されたもの、逆説的にはその事実さえこの作品の圧倒的な存在感の前には不必要な情報とも言える。仮装現実やコンピューターゲームの世界の中のように織り込み済みのルールや文法をベースにして現代を生きる私たちは、目の前の対象を強く視る刹那すらほとんどないのかもしれない。多田は視覚芸術上のアイコンやルールを駆使し、ノイズを混在させながら自ら作り出すゲームに挑んでいる。

    多田 圭佑