YURIE NAGASHIMA 長島 有里枝

1973年、東京生まれ。1995年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業、1999年、カリフォルニア芸術大学ファインアート科写真専攻修士課程修了。1993年、「アーバーナート#2」展でパルコ賞を受賞、2001年、第26回木村伊兵衛賞受賞。2010年には『背中の記憶』(講談社)で第26回講談社エッセイ賞を受賞した。
アイデンティティや家族など、他者との関係性をテーマに写真作品を制作する一方、近年では女性のライフコースに焦点をあてたインスタレーション作品を発表している。
近年の主な展覧会には2015 年「5 Comes After 6」(UTRECHT/東京)、2014年「拡張するファッション」(水戸芸術館現代美術ギャラリー/茨城 および丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 /香川 )、2012 年「開館10 周年記念展 庭をめぐれば」(ヴァンジ彫刻庭園美術館/静岡)、2008 年「THEFURIOUS GAZE」(El Centro Cultural Montehermoso/ヴィットリア、スペイン)などがある。2017年秋には東京都写真美術館で個展が予定されている。

2016

「縫うこと、着ること、語ること。」展示風景 KIITO デザイン・クリエイティブセンター、神戸 撮影:加納俊輔 / 写真提供:KIITO デザイン・クリエイティブセンター
2016

2016

「縫うこと、着ること、語ること。」展示風景 KIITO デザイン・クリエイティブセンター、神戸 撮影:加納俊輔 / 写真提供:KIITO デザイン・クリエイティブセンター
2016

2016

「about home / 家庭について」展示風景、MAHO KUBOTA GALLERY、東京
2016

2016

「about home / 家庭について」展示風景、MAHO KUBOTA GALLERY、東京
2016

R on the beach, Tomales Bay

2015

C-print
2015

Torn blankey (about home)

2015

Gelatin silver print
2015

2014

from“5 comes after 6” C-print
2014

2014

from“5 comes after 6” C-print
2014

2014

水戸芸術館現代美術ギャラリー 拡張するファッション 展示風景
2014

2014

水戸芸術館現代美術ギャラリー 拡張するファッション 展示風景
2014

黄色い野生の花

2007

C-print
2007

祖母の花の写真のインスタレーションショット No.1

2007

C-print
2007

2011

現代絵画1223「What I was supposed to see and What I saw」展示風景
2011

2011

現代絵画1223「What I was supposed to see and What I saw」展示風景
2011

expecting-expected

2001

C-print
2001

2005

from “Family portrait” C-print
2005

1993

from “Family” C-print
1993

1993

from “Family” C-print
1993

Tankgirl

1994

C-print
1994

Self-portrait (father #13)

1993

Gelatin silver print
1993

Self-portrait (mother #36)

1993

Gelatin silver print
1993