BRIAN ALFRED ブライアン・アルフレッド

1974年ピッツバーグ生まれ。ブライアン・アルフレッドの作品には私たちを取り巻く世界の現状が強く反映されています。紛争や社会の混乱の問題から、自然の風景の美しさまで、そして相反するその二つの間にあるすべてを扱いながらアルフレッドの興味は、私たち社会を生きる人々がいかにして、あるいはどんな環境に身をおいているからこそ私たち自身であるかということに注がれています。アルフレッドはペインティング、コラージュ、アニメーション映像といった複数のメディアによって現代社会を表現しています。エドワード・ホッパーやチャールズ・シーラーのようなアメリカの伝統的なペインターの影響を受ける一方、日本の浮世絵やポップカルチャーとの親和性も感じられます。アルフレッドの作品は世界各国の美術館やギャラリーで展示されており、同様にアニメーション映像も国際的な映像祭等で発表されております。グッゲンハイム美術館、ホイットニー美術館、サンフランシスコ近代美術館、デンバー美術館等多数の美術館に作品が収蔵されております。日本では2011年の文化庁メディア芸術祭のアート部門で優秀賞を受賞しております。

Subway Station

2016

キャンバスにアクリル絵の具 22.8x30.4cm
2016

Mountains at Night

2016

キャンバスにアクリル絵の具 45.7x61cm
2016

Tokyo-London-Newyork 展示風景、MAHO KUBOTA GALLERY

2016

2016

2016

GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)展示風景
2016

Hana

2016

22.8 x 30.4cm キャンバスにアクリル
2016

JAL

2016

22.8 x 30.4cm キャンバスにアクリル
2016

Under Thunder

2015

179.1 × 198.8 cm キャンバスにアクリル
2015

2014

rag&bone ウォールペインティング、 NY
2014

2013

《Under Thunder and Fluorescent Lights》展示風景/Art Basel Film、マイアミ
2013

High Line

2010

182.8 x 223.5 キャンバスにアクリル
2010

2010

「It’s Already The End Of The World」展示風景/Haunch of Venison、ニューヨーク
2010

2010

「It’s Already The End Of The World」展示風景/Haunch of Venison、ニューヨーク
2010

2010

「It’s Already The End Of The World」展示風景/Haunch of Venison、ニューヨーク
2010

2010

「It’s Already The End Of The World」展示風景/Haunch of Venison、ニューヨーク
2010

Attica

2009

187.9 x 228.6cm キャンバスにアクリル
2009

Endless City

2007

162.5 x 208.2cm キャンバスにアクリル
2007

Fuji

2006

22.8 x 30.4cm コラージュ
2006

Untitled

2006

22.8 x 30.4cm コラージュ
2006

Untitled

2006

22.8 x 30.4cm コラージュ
2006

Along the Banks of Rivers

2004

335.2 x 274.3cm キャンバスにアクリル
2004

Birds

2004

182.8 x 182.8cm キャンバスにアクリル
2004

Cords

2004

162.5 x 177.8cm キャンバスにアクリル
2004

The Servers

2004

162.5 x 177.8cm キャンバスにアクリル
2004

Bookshelf

2003

182.8 x 203.2cm キャンバスにアクリル
2003

Twister

2003

182.8 x 203.2cm キャンバスにアクリル
2003

Wrecking Ball

2001

2001

Untitled

2001

162.5 x177.8cm キャンバスにアクリル
2001